預言とは、神様の想いが伝わる手段でもあるのです

預言とは、神様の想いが伝わる手段でもあるのです

預言とは、神様の想いが伝わる手段でもあるのです❗️

パスター・スペンサーが、9つの賜物の1つである預言について
マリアとヨセフの例を用いてメッセージをされました。
マリアがイエス様を身ごもったとき、彼女は処女でした。
婚約者のヨセフは彼女を愛していたので、どうしたものか、と悩んでいましたが
そのとき、神様からの預言が夢というカタチで、彼に現されました。
『恐れず、マリアを受け入れなさい』というものでした。
預言は夢であったり、幻であったりもするのです。
そして、その後もヨセフは夢で神様の導きを受け取っています。
預言は神様が、私たちに伝えたいメッセージでもあるのです❗️
その預言を受け取れるようになるためには、普段からの神様との
関係が大事なのです‼️
常に神様を感じ、コミュニケーションをとること…
正しい、まっすぐな道を、神様は示されます。
ハレルヤ❗️

No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.